ご利用者様の方々に、住み慣れたご自身のお家で、「その人の望む生活スタイル」を送り続けながら、安心して、納得のいく看護を受けていただくことが、私たちの目指す寄り添う訪問看護です。

そのために、私たちは、ご利用者様の方はもちろんのこと、支えるご家族のお気持ちも大切にしながら、日々、看護に取り組んでいます。また、「ネットワーク訪問看護ステーション」の求める看護は、確かな知識と技術に加えて、「豊かな人間力」を持った一人の人間として、自立していることが大事だと考えております。

それらの取り組みを通じて、ご利用者様の方々にも、ご家族の方々にも、さらには医療・福祉などの各関係者にも、訪問看護の持つ可能性を、感じていただきたいと思います。さらに私たちが、看護の仕事に希望を抱き、いきいきと前向きに活動することで、次の世代の看護人の育成にもつながっていくと考えています。そして、もしつまずくことがあっても、問題を解決して、その先の未来へと羽ばたいていきたいと願っています。さらに果てしなく、限りなく。これが我がステーションの「ネバ―エンディングスト―リー」です。

関わる人すべての、心に寄り添う看護を。より良いあり方を考えながら、ひたむきに、今この時もこれからも、訪問看護という事業に力を注ぎ、一歩一歩前へと進み続けてまいります。

最後に、「ネットワーク訪問看護ステーション」は、医療・介護への相談窓口を大きく開けております。お気軽にお問い合わせください。

 

有限会社オフィスネットワーク   代表取締役 道廣和男
コミュニケーションコンサルの夢と目標を公開(https://blog.goo.ne.jp/wideroad